2017年11月22日水曜日

キト支部、奨学生講座


SANEは奨学生事業をやっていますが、その中でも大事な活動は講座の開催です。その、毎月行っている奨学生講座の様子です。現地では首都のキトと、地方のカヤンベに二つの支部があるのですが、地域が異なると子ども達(奨学生たちは経済的に困難な家庭の中高校生)が育つ環境も違ってきます。そのため、奨学生講座の内容も違います。これはキトの様子です。

今月のテーマは、エクアドルの政治と経済の現状です。
奨学生たちはどのように経済の循環が機能しているのかについて学び、グループになって学んだことやマクロ経済についての指標–例えば国内総生産、インフレ、失業率、金利など–についてまとめたものを発表しました。
政治についてのテーマでは、奨学生たちは国の5つの機能(おそらく司法、立法、行政、市民参加、選挙のこと)左派、右派の政党のイデオロギー、異なる政治的プロセスの情報を得ることの大切さについての一般的な見方を知りました。
講座の中でゲームもやりました。
エクアドルでは9月に新学年が始まり、新しい奨学生が入ってきました。彼らの多くは恥ずかしがり屋でまだ自己表現をする力も十分ではありません。心をほぐし、安心して発言ができるようにこういったことも行います。





2017年11月10日金曜日

今、エクアドルの美味しいもの、美しいものたちが飯能で売れています!

飯能市銀座通り商店街を飯能駅から入ってすぐのところにある、Bookmarkという空間はとても面白い。ガラス張りのドアを開けると西川材の木の香りが漂ってきます。中には、飯能市内で頑張る西川材の木工製品、芸術家さんの革や紙の製品や染物、美味しいパンや有機野菜などが置かれていますが、その中で、ひときわ色鮮やかなのが「世界のみんなと手をつなぐ店ふやふや」の、エクアドルコーヒーやチョコレート、民芸品などのコーナーです。
飯能市の市民の方をはじめ、飯能に遊びにきた人たちが気軽に立ち寄ってくださり、商品を手にとって下さっています。
ふやふやはボランティアのお店で、収益金はSANEを通してエクアドルの教育のために寄付されます。これまでは店を持っていなかったためにお祭りなどのイベントの時だけ販売していましたが、Bookmarkを運営している若いみなさんのご厚意で無料で置かせていただけることになり、たくさんの方の目に触れるようになりました。
右の写真の、左の女性(ちなみに彼女は新進の女性起業家。il Colore 代表で、飯能のローカルウェブメディア「hanoum」編集長の中里彩さん。)がしているのは2枚重ねたエクアドルのストール、右側(ふやふや店主の杉田)は100%純粋アルパカの専門店が一押しのマフラーです。
下に見えるマフラーは会員の方が寄付をして下さった手織りのマフラー(ウール)。買ってくださると全額寄付になります。寒くなってきたこの頃、手頃な価格で良質なものが手に入ると喜ばれています。


ぜひ、自然が美しく、人の優しい飯能にお出かけください。そして、駅近くのこの素敵な空間にお立ち寄り下さい。

下の写真は、先日の飯能祭りにて。やはり銀座通り商店街にあるオープンサイト建築設計事務所でお店を出させていただきました。写真の一番左が設計士の双木(なみき)さん。そしてSANEのメンバーやその友人の皆さんです。



エクアドルのチョコレートの会開催


2017年11月2日木曜日

2017年10月15日日曜日

今年も9名の奨学生を迎えました。   文通相手を募集しています!

エクアドルでは新しい学年が始まり、今年も新しい奨学生の選考がありました。SANEでは経済的に大変な家庭の中高校生で、学業に意欲を持って努力している、キト市とカヤンベ市に住む子どもを35人奨学生として支援しています(キト市は首都ですが周辺に貧困地域が広がっています。カヤンベ市は人口8万人余りのアンデス山間地域に小さな村が広がるっています)。
SANEにとって奨学生プログラムは中心となる事業です。SANEの奨学生プログラムは、奨学金(月に約3千円)を支給するというだけではなく、一人の子どもを時間をかけて丁寧に支援して行くことです。毎月奨学生対象の講座を行い、自己を見つめ、自尊心を育て、青年期の問題や社会的な視野を広げています。日本のSANE会員との文通はその活動の一つです。中高校生の時期は子どもから大人に成長するまさに激動の時期です。この期間を毎月の文通を通してサポートしていきます(足ながおじさんのようなイメージですね)。
ご関心をお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひ会にご連絡をください。








2017年9月23日土曜日

奨学生交流会が開かれました

本日、9月23日に奨学生交流会を23人の方々をお迎えして開催しました。SANEの奨学生部会担当は3人の若き女性達です。もちろん全員がボランティアなのですが、それぞれフルタイムワーカーで会社でも第一線で活躍中です。帰宅は夜遅かったりする中を夜遅くまでメールでやり取りをして、奨学生のビデオや、パワポの準備だけではなく、少しでもエクアドルらしいおやつを出したいと青いバナナや生チーズの購入、料理をしたりと大忙しでした。
地元の皆さんはもとより、東京からも駆けつけてくださる方もいらして大変賑やかでした。初めて参加してくださった方、会員でない方も。じかに奨学生のビデオを見たり、活動の様子を知ってよかったという声をいただきました。中でも文通相手の子どもからビデオを通して呼びかけられた方は大感激だった様子でした。SANEの奨学生プログラムには、奨学生と会員の間の毎月の文通があります。会ったことがない相手の子どものことを思い、毎月手紙を書いてき
たパドリーノ(男性の文通相手)やマドリーナ(女性の文通相手)にとっては、新鮮だったことでしょう。
さらに、来年は日本とエクアドルの国交100周年の年で、8月にはツアーが計画されつつあります。集まった皆さんの中には、ぜひツアーに参加して相手の子どもにも会ってみたいという声も出ました。楽しみですね!ぜひ、皆さんもご一緒に!

2017年8月30日水曜日

奨学生プログラム交流会が開催されます


 『人を支援するということはなかなか難しい』と、災害支援でも国内の子ども支援でも感じた経験はありませんか?エクアドルの子どものための友人の会(SANE)は、1989年に会を設立した時にどういう会として出発するのか色々話し合いました。例えば、次のような疑問をお持ちの方はいらっしゃらないでしょうか
 *限られた数の子どもに特別の支援をすることで、社会の現状って変わるのだろうか?
 *それよりたくさんの子どもを支援することを考えた方が良いのでは?
 *どうやって支援する子を決めているのだろうか?
 *支援した子はどうなっているの?
 *奨学生と日本人会員の文通ってうまくいくの?
 SANEは今キト市とカヤンベ市という全く異なる環境の中高校生を対象に奨学生プログラムの実施しています。キト市は首都。面積も広いし人口も多いです。一方カヤンベ市は飯能市と同じくらいのサイズで人口8万人台の農山村の市です。ここにそれぞれ17人と18人の子どもたちがこのプログラムに参加しています。そして35組の奨学生と会員が毎月文通をしています。そして、このプログラムを現地で支えているのは他ならぬ卒業生たちです。
 SANEの奨学生支援は28年になりました。この間にどんなことがあったのか、上の疑問は私たち自身も常にぶつかって立ち止まって考えてきたことです。SANEの奨学生たちはその後の大学生奨学金貸与の返済率が高いこと、後輩支援の活動へ参加することも多いことでも知られています。なぜなのでしょうか。
 SANEや国際協力に関心を持ってくださる方はもちろん、関心がない方でも支援について考えて見たい方がいらっしゃれば是非ご参加ください。