2018年2月11日日曜日

パネルディスカッションの話題から

2月10日はSANEの活動報告会でしたが、今回は特にカヤンベで行われている学校菜園事業を中心としたSANEの活動に対して4人の方からご意見をいただくというパネルディスカッションを行いました。パネラーは皆さんSANEの活動をほぼご存知ない、この日初めてお会いした方もおいでという挑戦的な取り組みでした。まず杉田優子からSANEの簡単な紹介をさせていただき、その後で2003年から始まった、学校菜園事業の背景、最初は伝統的な穀物の種子の保存と販売を考えていたけれども、次第に子どもたちの
栄養確保へと変化していった経過、今行っているゆうちょ財団助成による事業の状況、そして今回なぜJICAに事業提案をする(行政との連携を考える)に至ったのかを説明しました。つまり子どもたちの栄養状況の改善が緊急で大事な課題となっていること、そのためには行政の理解を得て、より広い関係者とともにこの問題に対処することが重要になっており、また一方でこれまでの経験を活かしてSANEとSOJAEがこの問題に対処する力が付いてきていると判断されたことを説明しました。そして現在提案している学校菜園と学校給食の実施を通して子ども達の学校生活改善するという事業の内容を具体的に紹介しました。
その後、農業専門家として関わる予定のリエラ・麻子、栄養専門家として関わる予定の黒岩晴子からそれぞれの分野の報告をしました。(写真左立っているのが黒岩、一人置いて正面がリエラ、二人の間は荒井さん)

パネラーとしてゲスト出演してくださったのは次の方々です。
*飯能周辺で有機農業に携わる農業家の北村さん(のっぽさん、写真右)
*やはり有機農業に携わる西村さん(Mucuファームさん、写真中央)
*栄養豊かな伝統の雑穀にこだわりを持った食を広める仕事をされている管理栄養士の荒井さん
*自分の想いを音楽を通して伝えようと演奏活動をしている歌手のMireiさん

ディスカッションの中でキヌアの栄養価が高い事が荒井さんから具体的に鉄分の量で紹介され、貧血の多い状況において改めてその価値を認識できました。また、換金できる作物の単一栽培と自給自足型の生活と果たしてどちらが良いのか、そのプラスとマイナスを長いスパンで考えると違ってくるのではないかという北村さんの示唆も興味深いものがありました。さらに雑穀が赤道直下では栽培しやすいことも紹介され、大変参考になりました。調理の仕方についても、その地域に伝わる調理法を掘り起こすことは大きなヒントになるという示唆もありました。
ミレイさんからは、どんな時も音楽を忘れずに生活していって欲しいというお話がありました。
また、SANEの奨学生支援で勉強をした子たちが農業を離れていくことが残念だけれども、ゲストの皆さんはなぜ会社勤めなどを経て農業に携わったり、自分の考えに基づいた生き方を洗濯したのかという杉田の問いかけに、ゲストの皆さんから自分で気づいて選択していくことが重要ではないかというご自分の人生の選択の経験からお話がありました。ゲストの皆さんのように、誇りを持って生きておられる姿を奨学生たちが身近に知ればきっと大きな影響を受けるだろうなと感じました。

後半はMireiさんのコンサートが行われました。SANEでは3回目の出演でしたが、今回のイベントのために作ってくださった『新芽』という曲が披露されました。透明で温かい声が会場に流れ、みなさんうっとりと聞き惚れていました。命、子ども、愛などをテーマにした歌が多く、SANEのコンサートを愛する私たちには本当にしっくりと心に響く歌の数々でした。


その後事務局長の東城より、6月30日に予定されている『日本・エクアドル外交関係樹立記念イベントin飯能』の紹介がされ、司会をやってくださる飯能出身の女優の佐藤康恵さん、実行委員長就任予定の小室舞さんが紹介されました。
 佐藤さんは観客としてお子さんと一緒に参加してくださっていましたが、この会にはSANEメンバーもゲストの方もそして観客の皆さんの中にもお子さん連れが多く、賑やかな、そして温かな雰囲気の中で行われました。SANEらしい、幅広い人々が楽しく、そして深く交流できる会となりました。この会にはゆうちょ財団より助成金が出ています。最後になりましたが、感謝申し上げます。


2018年2月6日火曜日

日本・エクアドル国交100周年記念  パネルディスカッション「農と食」& コンサート「土からのメッセージ」

2月10日(土)午後3時より AKAI Factory  (飯能駅北口徒歩7分)
料金 1000円

SANEの主要事業の一つである学校菜園事業は、エクアドル北部アンデス地域カヤンベ郡の学校で行われています。今回のパネルディスカッションは、本事業について来年度プロジェクト担当をする予定の杉田優子が事業説明を行い、これを出発点として飯能近郊で農業や食に関係する活動をしている方々のご意見を頂きながら、農業の価値とこれからの持続可能なあり方について参加者の皆さんと共に考えて行きます。参加者の皆さんのご経験とエクアドルでの経験の共有を通して、農業を軸に据えた交流の輪を広げ、互いの知見を生かし合えたらと願っています。飯能とカヤンベの市民がこのような取り組みを通してより強いつながりを作っていけるといいですね。
 
今SANEで、来年8月の開始を予定してJICA(国際協力機構)に草の根技術協力事業として『カヤンベ郡の学校菜園と給食の実施を通した子ども達の学校生活改善プロジェクト』を提案しています。この事業の調査のために2月16日より杉田が現地に出張しますが、これを前にこのディスカッションが有益なものとなってくれるものと期待しています。


パネルディスカッションの後、特別ゲストとしてMireiさんが「いのち」「つち」「みず」をテーマに歌を披露してくれます。新曲の披露があるかもしれません。こちらも大変楽しみです。

写真は学校菜園で農業に励む子どもたち


2018年1月2日火曜日

新しい年に飛躍を!

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

<キトの奨学生と卒業生たち>

<カヤンベの奨学生と卒業生、スタッフたち>

<キトの奨学生プログラムの様子>





<カヤンベの学校にて>

2017年12月6日水曜日

エクアドルの豊かな森とチョコレート  in飯能  <12月8日>


地球を守ろう、だって地球はチョコレートがある唯一無二の星だから
  128日(金)午後6時〜8時半
  チョコレートと森の案内人 和田彩子さん
  飯能駅北口徒歩8分 にこにこハウス 駐車場5台分あります。車の方はご予約を
     参加費:800円 ホットチョコレート一杯付き
              (お弁当をご希望の方はご予約ください)

 マシュピ手作りチョコレートは、「森をつくるチョコート」。自然と共存する100%オーガニックの香り高いフレーバーカカオの農園で、カカオの生産からチョコレートの加工まですべて行われています。
マシュピ農園は、エクアドルの首都キトから5時間ほど北上した地域にあります。この地域は、チョコ生命地域と呼ばれる、パナマの南東部からエクアドルの北部までを含む、187,400平方Kmに及ぶ緑の回廊の中に位置します。ここはその降水量の多さと海抜ゼロメートルの海岸地方、河口、谷、アンデスの麓から4,000m級の山々が生むその複雑な エコシステムから「ネオ・トロピカル」と呼ばれ、この地域固有の動植物を育んできました。その生命地域内に位置するマシュピは、山岳部、雲霧林、亜熱帯、熱帯が混在する標高5001400mの湿度温度ともに高い熱帯気候で、その貴重な生態系の多様性から、エクアドル首都のキト市最初の保護区にも指定されています。
さあ、皆さん、チョコレートのお話が始まります!   

和田彩子さん
1975年生まれ。エクアドル在住。幼少の頃のアメリカでの生活、高校で南米チリ、大学でアメリカへの留学という経験を経て、国際関係に興味を持つようになる。1999年のエクアドル・エコツアーに参加し感銘を受け、辻信一氏の誘いにより、ナマケモノ倶楽部の活動に携わるようになる。2002年にエクアドルに再び渡り、ナマケモノ倶楽部の有機コーヒーの活動の一環として地域住民とともに環境保全、フェアトレード、エコツーリズムなどの取り組みに携わっている。エクアドルの子どものための友人の会(SANEとのつながりは長い。飯能で講演をするのは2回目。マシュピのチョコレートの素晴らしさに触れ、このチョコレートを日本で広めたいと願っている。

主催 世界のみんなと手をつなぐ店 ふやふや  NPO法人エクアドルの子どものための友人の会(SANE)  ご予約は、info@sanejapan.org へ  

2017年11月22日水曜日

キト支部、奨学生講座


SANEは奨学生事業をやっていますが、その中でも大事な活動は講座の開催です。その、毎月行っている奨学生講座の様子です。現地では首都のキトと、地方のカヤンベに二つの支部があるのですが、地域が異なると子ども達(奨学生たちは経済的に困難な家庭の中高校生)が育つ環境も違ってきます。そのため、奨学生講座の内容も違います。これはキトの様子です。

今月のテーマは、エクアドルの政治と経済の現状です。
奨学生たちはどのように経済の循環が機能しているのかについて学び、グループになって学んだことやマクロ経済についての指標–例えば国内総生産、インフレ、失業率、金利など–についてまとめたものを発表しました。
政治についてのテーマでは、奨学生たちは国の5つの機能(おそらく司法、立法、行政、市民参加、選挙のこと)左派、右派の政党のイデオロギー、異なる政治的プロセスの情報を得ることの大切さについての一般的な見方を知りました。
講座の中でゲームもやりました。
エクアドルでは9月に新学年が始まり、新しい奨学生が入ってきました。彼らの多くは恥ずかしがり屋でまだ自己表現をする力も十分ではありません。心をほぐし、安心して発言ができるようにこういったことも行います。





2017年11月10日金曜日

今、エクアドルの美味しいもの、美しいものたちが飯能で売れています!

飯能市銀座通り商店街を飯能駅から入ってすぐのところにある、Bookmarkという空間はとても面白い。ガラス張りのドアを開けると西川材の木の香りが漂ってきます。中には、飯能市内で頑張る西川材の木工製品、芸術家さんの革や紙の製品や染物、美味しいパンや有機野菜などが置かれていますが、その中で、ひときわ色鮮やかなのが「世界のみんなと手をつなぐ店ふやふや」の、エクアドルコーヒーやチョコレート、民芸品などのコーナーです。
飯能市の市民の方をはじめ、飯能に遊びにきた人たちが気軽に立ち寄ってくださり、商品を手にとって下さっています。
ふやふやはボランティアのお店で、収益金はSANEを通してエクアドルの教育のために寄付されます。これまでは店を持っていなかったためにお祭りなどのイベントの時だけ販売していましたが、Bookmarkを運営している若いみなさんのご厚意で無料で置かせていただけることになり、たくさんの方の目に触れるようになりました。
右の写真の、左の女性(ちなみに彼女は新進の女性起業家。il Colore 代表で、飯能のローカルウェブメディア「hanoum」編集長の中里彩さん。)がしているのは2枚重ねたエクアドルのストール、右側(ふやふや店主の杉田)は100%純粋アルパカの専門店が一押しのマフラーです。
下に見えるマフラーは会員の方が寄付をして下さった手織りのマフラー(ウール)。買ってくださると全額寄付になります。寒くなってきたこの頃、手頃な価格で良質なものが手に入ると喜ばれています。


ぜひ、自然が美しく、人の優しい飯能にお出かけください。そして、駅近くのこの素敵な空間にお立ち寄り下さい。

下の写真は、先日の飯能祭りにて。やはり銀座通り商店街にあるオープンサイト建築設計事務所でお店を出させていただきました。写真の一番左が設計士の双木(なみき)さん。そしてSANEのメンバーやその友人の皆さんです。